Menu

小さい頃から身につける

学生

自然な身のこなし方が大切

高校受験や大学受験、そして就職試験などでは面接をすることがあります。いくら筆記試験が良くても面接の内容が悪いと落とされてしまうことがあるので気をつけなくてはなりません。特に、マナーには気をつけましょう。日頃から言葉遣いが悪かったり、身のこなし方が悪かったりする人は注意が必要です。しかし、自然と備わってしまったことを直すのはとても大変なので、付け焼き刃になってしまうこともあります。できれば小さい頃から自然とマナーを身につけられるようにしておきましょう。それには親御さんや周囲の身近な人たちの協力が必須です。面接ではお辞儀の仕方や言葉遣い、目線、表情といったところが見られます。緊張しておどおどしてしまう人も居ることでしょう。それでも正しい言葉遣いをしていたり、身のこなし方がキレイだったりすれば採点も良くなるはずです。このような雰囲気は自然と身につくことがあります。だからこそ、小さい頃からの教育が重要となってくるわけです。付け焼き刃でもいいので、とにかく面接をクリアしたいという人は面接の練習をしてみましょう。マナーに関してはマナー本を参考にしたり、身近な年上の紳士や淑女などを見習ったりするといいかもしれません。それから、面接のプロとも言われるような学校の先生などにも協力してもらいましょう。例えば、小学校受験をするような子どもは小さい頃から面接を受けているので、自然とマナーも備わっています。